卒業生、保護者の声

卒業生インタビュー動画

慶風高等学校を卒業して社会で活躍している先輩たちの声

通信制のカリキュラムを卒業した先輩の声

僕は、前の高校を辞めて、何も手につかず、何の希望もなく何ヶ月か悶々と苦しい日々を過ごしていました。
しかし、慶風高校のことを知り、もう一度頑張って高校を卒業したいと思うようになりました。僕は、自分自身に合った通信制のスタイルを選択し、無理なく三年間学ぶ事が出来ました。通学することが少なくても、学校に行くと先生方は気さくに話して下さり、すごく救われました。就職で悩んでいる時も親身になっていろいろアドバイスを下さり、一緒になって探して頂きました。そして、良い就職先が決まりました。本当に先生方のお陰だと思っています。この慶風高校で学んだことを糧に、これからも頑張っていこうと思います。
慶風高校の皆様、先生方、支えてくれた家族、本当にありがとうございました。

5日登校制のカリキュラムを卒業した先輩の声

僕が慶風高校での3年間で一番うれしかった事は、パソコンの『ワープロ実務検定2級』の資格を取得したことです。
1年生の時にパソコンの授業で、タッチタイピングのスピードがあまり速くなかったので、自分はパソコンに向いていないのかなと思っていた時期がありました。
しかし、先輩たちが、ワードやエクセルを使って、すごく上手に文章作成をしているのを見て、すごいと思い、努力すればできるのかなと思いました。
それで、一生懸命練習しました。3年間ずっと努力を続け、目標の検定に合格できてよかったです。

慶風高校に入学してからたくさんの行事を体験しました。
どれも楽しい思い出ですが、やはり一番は、修学旅行です。初めてのヨーロッパで、とても緊張しましたが、良い経験になりました。

この学校へ入学した時は、ただ高校を卒業できればそれだけで充分と思い、大学へ進学することは全く考えていませんでした。
しかし、勉強しているうちに、専門学校か大学へ進学したいと思うようになり、そして大学試験に合格することができました。
この学校では、さまざまな検定にも挑戦できて、いくつか資格を手に入れることもできました。将来就職するときに役に立ってくれると思っています。

2日登校制のカリキュラムを卒業した先輩の声

僕は、この学校に入学する前は、1年間他の学校にいました。
しかし、すぐに辞めてしまい、その年をダラダラとすごしていました。だから、僕は同じ年齢の人たちより、学年が一つ下になっています。
それがコンプレックスになっていましたが、ある時、先生に「長い人生だから深く考えない方がいい」と言われました。
いろいろなことを知り、精神的に成長したと思います。

僕の中学時代は、授業にはほとんど出席せず、さぼってばかりでした。
だから、「行ける高校がない」と言われて、辞めてしまいました。
でも、親がこの高校を見つけてくれました。
そして、僕は5日制では学校を続けれそうになかったので、2日制コースを選びました。
アルバイトと両立しながら、自分なりに真面目に登校したので、卒業できることになったと思います。

社会人から仕事を続けながら再挑戦した先輩の声

私の場合、卒業をするまで人より長い時間がかかりました。
なぜかというと「高卒資格などなくても生きていけるわー」と思っていたからで、いつも遊びや仕事優先の生活で、いつの間にか12年間という時間が流れました。
でもやっと卒業できることになり、自分の両親や、快く行かせてくれた妻、温かく迎え入れてくれた学校関係者の方々に感謝しております。
自分一人の力では卒業できていないと思います。
在校生の皆さんも、卒業に向けてがんばってください。
高卒資格は日本全国共通の免許証です。今習っていることは、絶対に無駄なことはなく、社会に出てすぐに役立つものもあります。
かさばる物ではないので、いやがらず前向きに勉強し、頭のなかにしまってください。
最後に、仕事をしながら、勉強するというのは大変です。
私と同じにならないように、みなさんも自分を大切にしてください。

卒業したテニス部の先輩の声

3年間すごく充実した生活を送ることができました。テニスをするためにこの学校に入学し、いろいろな経験をさせていただきました。
海外遠征、インターハイ、国体、全日本、毎日苦しかったトレーニングと練習はいつまでも忘れません。
一緒に戦ってきたメンバーは一生大切な仲間です。
テニス以外にも野球部の応援に行って、いつもと違う立場でみんなと一緒になれたことも、学校でいろんな勉強をしたり、オフにはみんなで遊びに行ったり、たった3年の短い間だけだったけど中身の濃い3年間でした。
慶風高校でないとできないことをいろいろとさせてもらいました。
この学校に来て、最高の仲間と出会え、本当に良かったと思います。

卒業した野球部の先輩の声

中学校は野球をしに行くだけでした。
野球さえやっていれば勉強はしなくていいと思っていましたが、慶風高校に入学してからは、もちろん野球もですが、勉強もしっかするように心がけました。
慶風高校でなければ、野球は続けてなかったし、大学で野球を続けようとは思わなかったです。

毎日の練習やつらいことが多くてやめたいときもありましたが、最後の夏の高校野球の大会で勝利できたことで野球を続けて良かったとおもいました。
3年間で、社会人に必要な礼儀やマナーなども学ぶことができて、本当に充実した3年間でした。

高校野球を通じ、野球の技術はもちろん、人としての「精神力・礼儀」という大事なものを学びました。
私はまだまだ半人前ですが、高校野球で学んだことを忘れずに、これからもがんばっていきます。

保護者さまからのお手紙

こちらへかわってからは、バイトを一生懸命頑張り、進みたい道も決め、専門学校へ進学することになりました。

中学生の時から友達とうまくいかず、高校も二年生の終わり頃には、学校へ行けなくなりました。三年生に進級するタイミングで、通信制の高校へかわりたいと、本人が決めていました。
こちらへかわってからは、バイトを一生懸命頑張り、進みたい道も決め、専門学校へ進学することになりました。
 少しずつですが、娘も成長していると思います。進学しても心配ではありますが、応援していこうと思います。
一年間、本当にありがとうございました。心より感謝致しております。

女子学生(母親)より

部活動でのテニスは初めてで、高校に通うのを楽しみにしておりました

幼少期から中学生まで、テニススクールに通いながら大会に出場してきました。
高校生になり、部活動でのテニスは初めてで、とてもやる気になり、高校に通うのを楽しみにしておりました。頑張った成果もあり、全国大会・国体と出場でき、良い経験が出来たとすごくうれしく思っております。
春から、新たに大学でテニスをするのですが、勉学も共に学び、自分の道が見つかればいいなと思っております。

男子学生(母親)より

「不安」と「心配」という気持ちが、入学後「希望」と「感謝」の気持ちに変わっていきました

卒業のこの日を迎えることができましたこと、校長先生をはじめ、教職員の皆様には、ただただ感謝の気持ちで一杯です。
本当にありがとうございました。
慶風高校には、2年生からお世話になりましたが、親としてはいろいろな事情により、当初は「不安」と「心配」という気持ちが先行しておりました。
しかし入学後、息子の顔つきなどが少しずつ変化していく姿を見て、「希望」と「感謝」の気持ちに変わっていきました。

男子学生(父親)より

遠方からの通学でしたが、充実した三年間の高校生活を過ごす事が出来ました

この三年間、長いようで過ぎてしまうと早いものでした。遠方のため、電車で二時間、駅から徒歩二十分の通学を始めた頃は心配しましたが、真夏の暑い日も真冬の寒い日も通うことが出来ました。
入学してからも、決められた課題に取り組むのはもちろんのこと、パソコンの授業や漢字検定、パソコンのビジネス実務検定など、積極的に取り組み、さらに結果も残すことが出来ました。
卒業後の進路についても、先生からのアドバイスのおかげで早い段階から行動することができ、昨秋、専門学校への進学も決まりました。
このように充実した三年間の高校生活を過ごす事が出来たのも、慶風高校の先生方のご指導の賜物と感謝しております。

男子学生(母親)より

掲載している文章は育成会新聞から抜粋いたしました。
ご希望の方に送付いたしますので、ご連絡下さい。