慶風高等学校インターアクトクラブ設立について

所属は国際ロータリークラブ第2,640地区で慶風高等学校を含めて13のインターアクトクラブがあり、約240名が活動しています。
慶風高等学校は当地区の13番目のインターアクトクラブです。2022年11月23日(祝)に発足式を挙行して、当地区所属の他校のインターアクトクラブを招待して式典において生徒同士の交流会を開催しました。

慶風高校インターアクトクラブ設立総会・認定伝達式(PDFファイルが開きます)

インターアクトクラブ(Interact club)は、国際ロータリークラブが提唱する世界的奉仕クラブです。
世界で40万人の12歳から18歳までの青少年(中高生)がインターアクターとして同世代の参加者と交流を深め、地域に役立つ奉仕活動に参加し、世界について学ぶこともできます。
インターアクトクラブは、毎年2回の学校や地域社会のための活動と国際理解をめざす活動を実施します。
また、月に2回例会を開き、地元のロータリークラブがスポンサー(提唱クラブ)として支援します。
提唱ロータリークラブの会員は、インターアクターが活動を行い、リーダーとしての力を身につけられるように指導します。

参考URL
https://www.rotary.org/ja/get-involved/interact-clubs

活動実績

カンボジアの児童養護施設「スナーダイクマエ」による和歌山絵画展の開催をサポート