卒業生、保護者の方からメッセージをいただきました

卒業生、保護者の方からメッセージをいただきましたのでご紹介いたします。

ー Hさんの母                        
息子は二年生途中から慶風高等学校にお世話になりました。
本人は、あまり学校へ行く気持ちは、なかったのですが、親の勝手な気持ちで高校だけは卒業してほしいという思いでお世話になりました。
通信制で学校へ行く事が少なかったのですが、テストやスクーリングで先生や友人たちと楽しい時間を過ごしていく事で、「学校へ行きたくない」から「久しぶりに学校へ行ったら楽しかった」と言うようになりました。
息子からは、「先生は、オレの気持ちがわかる」と言っていました。

ー N君
慶風高校には二年生の七月に転入して来たので、あっという間に過ぎた高校生活でした。
初めは戸惑うことも多かったけれど、すぐに友達もでき、遠足で吉本新喜劇やUSJに行ったこと、北海道への修学旅行など楽しい思い出がたくさんできました。
また野球部では、僕にとって慶風高校での最初で最後の公式戦であった夏の大会で、勝利することはできなかったけれど、チーム一丸となることができ、人として大切なことを学べました。