最新情報一覧

硬式テニス部、クライミング選手がIH、国体出場を果たしました 2015.07.06

スポーツ

先日行われた国民体育大会和歌山県大会にて、本校硬式テニス部が男子シングル、ダブルス、団体優勝。女子シングル、ダブルス優勝を果たしました。
また、ロッククライミングに出場した選手も同大会優勝。

それぞれ2015和歌山国体、平成27年度 全国高等学校総合体育大会の出場が決定しました。

2015和歌山国体は9月26日(土)~10月6日(火)。
引き続き皆様の応援をよろしくお願いいたします。

平成28年度募集要項を公開しました 2015.06.15

入試情報

平成28年度 慶風高等学校 生徒募集要項をwebサイト上でも公開致しました。

定員 募集通信制課程普通科100名(男女共学)
出願資格 平成28年3月中学校卒業見込みの者および過年度中学校卒業者
出願手続き
(1)出願種別 特別入試(専願)
一般入試(専願・併願)
(2)出願書類 イ.入学願書 (当校所定の用紙・写真貼付)
ロ.志願者調査書(当校所定の用紙に、在学中学もしくは出身中学で記入厳封されたもの)
ハ.合否通知封筒(当校所定の封筒に、切手350円を貼付け、住所・氏名を明記のこと)
(3)受験料 10,000円(郵送の場合は郵便普通為替)
(4)出願方法 出願書類および受験料を、下記提出先まで。
〔提出先〕〒640-8322 和歌山県和歌山市秋月198-6
慶風高等学校 和歌山支援センター

さらに詳しい日程などは、募集要項をご覧ください。

テニス 県高等学校総合体育大会 結果報告 2015.06.01

スポーツ

1

2

2015年5月31日(日)に開催されました和歌山県高等学校総合体育大会 テニス競技の部で、慶風高校テニス部が下記の結果を収めました!

男子 団体
【優勝】
男子 シングルス
【優勝】宮井
【2位】野口

男子 ダブルス
【優勝】三宅・宮井
【2位】野口・新井

女子 シングルス
【優勝】﨑村
女子 ダブルス
【優勝】﨑村・大島

和歌山市内で創立10周年記念式典を開催しました 2015.05.18

その他

和歌山新報ー慶風10周年

和歌山新報ー慶風10周年2

慶風高校(紀美野町田)は5月16日、和歌山市内で創立10周年記念式典を開催しました。
式典には行政や教育関係者約200人が出席いただき、学校の足跡を振り返りながら今後の発展を誓いました。

お忙しい中、ご出席いただいた関係者の皆さま誠にありがとうございました。
今後とも慶風高等学校を何卒よろしくお願い致します。

慶風高校創立10周年記念「FUN×FAM」コンサート 2015.05.18

その他

funfanコンサートポスター

慶風高校創立10周年を記念して和歌山のご当地アイドル「FUN×FAM」による無料コンサートを開催致しました。
定員 600人
開催日時 2015/05/16 (土) 14:00 ~
開催場所 ( 和歌山市 )
和歌山市民会館小ホール
参加費用 無料

硬式野球部 寮が完成しました 2015.04.25

スポーツ

寮

平成27年4月、野球部部員を対象とした学生寮ができました。
学生寮には、管理者として野球部監督が別棟にて一緒に部員たちと過ごし指導にあたっています。
自分たちの部屋以外にも全員でミーティングができる会議室、食堂。他にも投球やバッティングの練習スペースを完備。
学校での授業や練習場に向かう際は専用バスなどで移動していきます。

ブルネイ王国立ヤヤサン高校と姉妹校提携を結びました 2015.03.30

その他

Untitled-1

慶風高等学校では平成25年からブルネイ王国の学生たちと青少年交流を続けており、平成27年3月、ブルネイ王国立ヤヤサン高校と姉妹提携を結びました。
今後は相互の訪問団派遣により、教育や文化、スポーツにおいて交流し友情と相互理解を深めていきます。
日本とブルネイの今後さらなる友好関係の発展に期待が寄せられています。

全国高校ゴルフ選手権春季大会 中谷安結さん優勝 2015.03.27

スポーツ

中谷安結さん

文部科学大臣盾争奪第35回全国高校ゴルフ選手権春季大会(3月25、26日、滋賀県大津市瀬田ゴルフコース)女子の部に出場した慶風高校3年生の中谷安結さん(17)=和歌山市新通=が、全国の強豪74人との激戦の末、初優勝した。
中谷さんは、6月19日に開幕する女子ツアーのニチレイレディスへの出場権も獲得した。
同大会は、横峯さくら、諸見里しのぶ、福嶋晃子、古閑美保らも過去の優勝者に名を連ね、日本を代表するプロ選手を数多く輩出してきた歴史ある大会。
試合のコースは6379ヤードのパー72。中谷さんの初日は、5番で4パットをたたく場面もあったが、1位と2打差の73で2位の好位置につけた。
逆転を狙う2日目は、7、8番で連続バーディー、12番で10?のバーディーパットをカップに沈めるなど、71のスコアでトップを勝ち取った。
中谷さんは、大会翌日には慶風高に大会盾や優勝カップを持ち帰り、田原久一理事長に報告。「周りが上手な選手ばかりだったので、落ち着いて自分のプレーを発揮できるように心掛けました」と大会を振り返った。

(わかやま新報 2015/04/04の記事より一部抜粋)